メルカリの値下げ交渉は一言で解決

メルカリの値下げ交渉は一言で解決

メルペイがお得!!

いまならメルペイアプリをインストール後、招待コード(FFBUNQ)を入力し、本人確認をするだけで、1,000ポイント(1,000円相当)がもらえます!

App Store

メルカリ_App Store

Google Play

メルカリ_Google Play

日々、お得な買い物をして悦に浸っている得ココです。

今回は、「メルカリ」のストレス源である「値下げ交渉」を一言で解決させる方法について解説します。

必須アイテム

  1. メルカリアプリ
  2. 相手を敬う気持ち

出品者ならだれでもお持ちのものですね。

特に「相手を敬う気持ち」は大切です。実名を出さなくても取引ができるメルカリですが、相手は実際の人間です。マナーを守って対応してくださいね。

そして、出品者も購入予定者も目的が違うだけで、平等の立場です。購入者が偉いとか上だとか思う必要はありませんよ。

さて、得ココは「メルカリはバーコード出品でお得」の記事でも書かせて頂いた通り、本やCD、DVD、Blu-rayを年間400品程度、ポイントやお得に得た利益で買い、楽しんだ商品はすぐに「メルカリ」で売っています。

そんな手軽に手元にある品を簡単に売る事ができる「メルカリ」ですが、非常に面倒な部分もあるのです。それが「値下げ交渉」です。

メルカリのダンロード

メルカリをまだダウンロードしていない方は、下記よりダンロードください。

さらにお得!!

いまならメルペイアプリをインストール後、招待コード(FFBUNQ)を入力し、本人確認をするだけで、合計で1,000ポイント(1,000円相当)がもらえる!

参考 アプリでかんたん本人確認とは?メルペイ

App Store

メルカリ_App Store

Google Play

メルカリ_Google Play

常識破りの値下げ交渉

例えば中古のアイドルのBlu-rayを2,000円で出品したとします。

普通に出品価格で購入する人もいますが、メルカリは購入前に値下げしてくれませんか?の「おねだり」メッセージがよく届きます。

もちろん出品の際、値下げを考慮した価格設定をしていたり、購入予定者とのやり取りが楽しい方は、値下げ交渉を煩わしく感じることは無いと思います。

常識破りの値下げ交渉

しかし、2,000円の商品を「500円でどうですか?」などと常識を打ち破った値下げを仕掛けてくる人は、ちょっと相手にできないですよね。

でもメルカリで売上を伸ばすには、そんな無茶な値下げ交渉とも向き合い、対応をするしかありません。

MEMO

得ココはおねだりメッセージが届く度に心の中で思うのです。「出品価格が最安値じゃ!早よ買えや」と・・・

もう一度言います。「相手を敬う気持ち」は大切。。。

無下にできない取引メッセージ

値下げ交渉を含むメッセージのやり取りは、やり取りをしている人以外の方も見ることができます。

よって、無茶苦茶な値下げを要求してくる相手に対して、非常識な文言で返したり、暴言を吐く事は、出品者の品格を疑われ売り上げに影響がでます。

常識を逸した値下げメッセージに対しても、「相手を敬う気持ち」を忘れずに対応をしてくださいね。

一言で終わる値下げ交渉対策

無茶な値下げを要求されても無下にできず、いちいち丁寧に対応をしなくてはならないのは、無駄な時間であり、そして何よりもメンタル的にもよくありません。

そんな非常識な値下げメッセージは一言で返しましょう。

それは・・・・すみません。

これだけです。値下げが出来ない理由とか考える必要もありませんし、書く必要もありません。

ちなみに、得ココが「すみません」の返信をした後、同じ人から再びメッセージが来ることは今まで一度もありません。

実例

実例1

過去の値下げ交渉

実例2

過去の値下げ交渉

「すみません」は魔法の言葉

「すみません」は日本語としても都合よく使われる言葉で汎用的です。

受け取った側も意味をすぐに理解できるので、メッセージを返信する際、前後の挨拶文なども不要です。

魔法の言葉

そして、「すみません」の返信だと伝わらないかなと思うような内容でも、「すみません」は汎用的なので、相手側の頭の中で勝手に変換してくれて、何となくこちらの意図を掴んでもらえるのです。

もし非常識な値下げ交渉メッセージが届いても何も考える必要はありません。イライラせずに「すみません」と返してくださいね。

MEMO

スマホなら予測変換で「す」と打てば「すみません」まで入力されるので、非常識な相手に無駄な時間をかけず、時短にもつながります。

それでは、得ココが行っている「その他の値下げ交渉対策」についても解説します。

未然に防ぐ値下げ交渉

メルカリには出品者や購入者のプロフィールを入力する箇所があります。もちろん個人情報を書く必要はありません。

そのプロフィールに「値下げ交渉NG」などの文言を入れれば、多少は未然に値下げ交渉を防ぐことができますね。

といってもプロフィールをしっかり読んでくれる人は少ないです。

その時は、自身のメルカリの名前部分に「値下げ交渉NG」と入れれば、だいぶ余計な値下げメッセージを防ぐことは可能となります。

しかし、ここまでやってしまうと、融通が利かない面倒な出品者と思われ、売り上げに影響がでますので、「すみません」の返信も面倒だと思う方のみが行ってくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

メルカリでは値下げ交渉が当たり前のように行われており、ストレスに感じている方も多いかと思います。

出来るだけ安く買いたいと思う購入者側の気持ちもわからなくもありませんので、非常識な値下げメッセージには「すみません」と丁寧にご返信くださいね。

関連記事

すき家となか卵で安く食べる方法すき家・なか卵で安く食べる方法 dポイントを現金化する方法dポイントを現金化する方法

高性能パソコンがお得

LenovoのIdeaPad S540は、高性能で安い!エンジニアがオススメする安くて高性能パソコンをお得に買う!

おすすめ